カリフォルニア “休学留学” 体験記[最終回]休学留学を振り返って

休学留学体験記

ミカコさんの「カリフォルニア “休学留学” 体験記」は、今回で最終回となります。

サンディエゴでの休学留学を通して感じたこと、今後休学留学をする人へのアドバイスなどをレポートしていただきました。
休学留学をご検討中の大学生の皆さまに参考にしていただければ幸いです!

********************************

休学留学のメリット・デメリット

私が休学留学をして感じた一番のメリットは、日本に戻って来てもまだ学生でいられるということだと思います。

私の周りの留学生には、学生ばかりではなく仕事を辞めて来ている大人の方もたくさんいました。

その方たちは帰国してすぐに次の就職のことを考えなくてはいけないという話を聞きましたが、大学生の場合は留学を終えて帰国してから、就職前にも色んなことにチャレンジする時間が残されているので、このメリットはとても大きいと思いました!

デメリットという点では、あまり考えたことはなかったのですが、強いて言うなら英語の上達にはやはり個人差があるので、1年間という長い期間を使っても、スキルの大幅な上達が保証されているわけではないということだと思います。

でも、海外留学で得られるものは英語の上達だけではないと思うので、どちらにしろ留学という経験は今すぐ役に立たなくても、いつか必ず役に立つと信じています。

休学留学体験記

留学を通して感じた自分の中での変化

実は今、日本から来てくれた友達とのバケーション中にこのブログを書いています。

自分自身ではそこまで大きな変化に気づかなかったのですが、日本の友達と話して思ったのが、昔よりも周りの目を気にしなくなった、ということです。
周りの目を気にせず、自分の意見を正直に言おうという考え方に変わったことに気づきました。

アメリカでは日本のように相手の気持ちを汲み取るという場面が少ないので、私自身の発言一つひとつが良い意味でも悪い意味でも、自分を直接表してしまうんだなと実感したことがありました。

なので、自分の発言には責任を持たなければならない、というと重いけど、正直であるべきだなと思いました。

英語力に関しては、来た当初に比べれば少しはスラスラと言葉が出てくるようにはなったかな?と思います。
でも、リスニング力に関しては慣れている学校の人たちの言葉は聞き取れるのに、いざ街に出てネイティヴの店員さんなどと話すと、やっぱり話すのが早くてまだまだ聞き取れないこともあります。

特にリスニング力は滞在期間が大きく関係してくると思うので、長い目で頑張りたいと思います。

休学留学体験記

これから休学留学する人へのアドバイス

英語に関係なくてもいいので、何か目標をきちんと持って留学に臨んだ方がいいのかなと思います。
その中で、状況に応じて自分に合った小さい目標を常に持っていると、自分が今何をすればいいか分からなくなっても、すぐにまた見つけられると思います。

 

これから帰国するまでの豊富

帰国するまでに、何か1つでもいいから新しいことにチャレンジできるようになりたいです。
私は新しいことを始めるのが苦手なタイプなので、その部分を残りの期間で変えていけたらいいなと思います。
せっかくアメリカに住んでいるので、こちらでしかできない経験を、少し環境を変えて、残りの期間にたくさんできたらいいなと思います。

 

これまでブログを1度でも読んでくれた方、ありがとうございました。今回で私が担当するブログは最後になりますが、留学を考えている方々のお役に、少しでも立てればという思いでやってきました。

このブログを書くことで自分自身が頭の中で考えていたことを改めて知ることができたので、とても良い機会になりました。
残りの期間も精一杯頑張りたいと思います!

休学留学体験記

********************************

ミカコさんの『カリフォルニア “休学留学” 体験記』は今回で終了となります。

また今後も留学日記ブログを続けていきますので、新しい連載を楽しみにお待ちください!

 
『カリフォルニア “休学留学” 体験記』バックナンバー
カリフォルニア “休学留学” 体験記[1]休学留学スタート!
カリフォルニア “休学留学” 体験記[2]語学学校のアクティビティとアメリカの食事情
カリフォルニア “休学留学” 体験記[3]留学中の空き時間の過ごし方
カリフォルニア “休学留学” 体験記[4]アメリカ留学だからこその日常体験