Renさんの留学体験談

PROFILE DETAILS
キャンパス CELサンディエゴ校
コース 一般英語コース
留学期間 3週間
アメリカ大学進学を目指して、高校3年生の夏休みにカリフォルニアへ短期留学。
大学進学の下見を兼ねて、まず短期留学
高校を卒業したらアメリカの大学に進学したいと考えていたので、大学の下見も兼ねて、高校3年生の夏休みに短期留学をしようと思い、良い大学がたくさんあるカリフォルニアを留学先に選びました。
ヨーロッパの友達と過ごした英語漬けの日々
私は最初のオリエンテーションで隣に座っていたスイス人留学生と仲良くなりました。クラスは違ったのですが、放課後はそのスイス人の友達とよく遊びに行きました。その子にはヨーロッパからの留学生の友達が多かったので、気づくと日本人とはあまり関わることなく過ごしていました。ヨーロッパからの留学生は英語が上手なので、最初はみんなの話すスピードの速さに慣れずに話に入れないことも多かったです。でも、「せっかく留学に来たのだから!」と心に決めて、そのヨーロッパの友達にがんばって付いていきながら、英語漬けの3週間を過ごしました。その友人たちは20代で私より年上だったので、みなさんとてもしっかりと自立していました。授業が終わった午後は友人のレジデンスに遊びに行ったり、ビーチの方へ一緒に遊びに行って過ごしました。私のことを妹のように可愛がってくれて、とても楽しい日々を過ごせました。

一番仲の良いスイス人の友達と
一番仲の良いスイス人の友達と

少人数クラスで慣れないスピーチも楽しく 私のクラスは8人で、他にスイス人、ドイツ人、フランス人のクラスメイトがいました。「自分のあこがれ、尊敬している人」について紹介する授業がとても印象に残っています。 15分ほどでスピーチ内容をまとめ上げて、クラスメイトの前でスピーチをする授業です。短時間でスピーチをまとめて発表することに慣れていなかったのですが、自分にとっても身近なテーマで、挑戦のしがいがありました。私はNBA選手のアイバーソンを取り上げて、スピーチを書きました。他のクラスメイトもスポーツ選手や歌手などを取り上げる人が多かったですが、クラスメイトのスピーチも楽しく聞くことができました。

授業の様子
授業の様子

スピーチが終わった後、先生が一人一人にコメントをして、文法などの間違いを細かく指摘してくれました。短時間で人に伝わるようなスピーチを書き上げることや、人前で間違えても恐れずに発表することを学びました。他にもゲーム的な要素を取り入れた授業も行われました。特に印象に残っているのが、他のクラスと合同でボキャブラリーの対抗ゲームをしたことです。グループの1人が5つの単語を用意し、その5つの単語を他の人が連想して当てるというゲームです。もちろんその英単語を言ったら負けとなりますが、1つの単語について、様々な英語で説明をしてできるだけ早く単語を当てさせるゲームです。私のクラスは負けてしまいましたが、2クラス合同で、とても盛り上がりました。

クラスメートと一緒に
クラスメートと一緒に

心地よい距離感を取ってくれたホストファミリー
私のホストファミリーは、ホストファーザー、ホストマザー、20代のホストブラザーの3人です。ギリシャ料理レストランを経営しているファミリーでした。子供も3人いるのですが、2人は独立して家を離れ、大学に通うホストブラザー1人が家にいました。とても大きな家で、留学生のためにベッドルームが4部屋も用意してあり、留学生は私の他にスイス人が3人滞在していました。レストランを経営している家族なので、ご飯がとても美味しかったです!私はサラダがとても好きで、ホストマザーが私がサラダをバクバク食べる様子を見て、「蓮はサラダを本当によく食べるのね!」と大笑いされました。次の日から私のために朝食からサラダをたっぷりと用意してくれました!

優しくて親切なホストファミリー
優しくて親切なホストファミリー

私は高校1年生の時にニュージーランドでホームステイをしたことがあるのですが、その時は、ホストファミリーが手とり足とり色々と何でもしてくれました。アメリカでのホームステイは、ホストファミリーがとても良い距離感を持ってくれます。特に私は3週間という短い期間でしたし、観光や友達との時間も大事にしたかったり、自分の時間もしっかりと持ちつつ過ごしたかったので、ホストファミリーが良い距離感を作ってくれたことが良かったです。帰国する前に、日本へのお土産など買うものを迷っていた私をホストマザーが見て、次の日に一緒にスーパーマーケットへ車で連れて行ってくれました。帰国直前にホストマザーと色々と話しながら買い物できたことも、とても良い思い出です。お客さまとしてではなく、自立した一人の人として見てくれて、自分のやりたいことを優先して見守ってくれるホストファミリーでした。

留学期間中に滞在していた居心地の良いマイルーム
留学期間中に滞在していた居心地の良いマイルーム

次はいよいよ、大学進学!
私は高校生で短期留学をして、アメリカの長期進学留学を具体的に考えるようになりました。学校でもホームステイ先でも自立して自分の意見をしっかりと伝えることの大切さを学びました。高校を卒業したら、もう一度CELに戻って大学進学準備コースに入り、大学進学を目指す予定です。アメリカは決して甘くない国だと思っていますが、短期留学で学んだことを活かしながら長期留学に向けて頑張りたいと思います!

長期留学への準備が出来た!
長期留学への準備が出来た!