Yujiさんの留学体験談

CELサンディエゴ校社会人留学体験談Yuji
PROFILE DETAILS
キャンパス CELサンディエゴ・ダウンタウン校
コース 一般英語コース
留学期間 9か月
10年勤めた外資系企業を辞め、英語力向上のため長期留学。留学前後でTOEIC300点アップを実現!

外資では英語が話せなければ頭打ち

-10年勤めた会社を辞めて留学するのは、大きな決断でしたよね? そうですね、でもそんなに思い悩むほどではなかったです。 外資系企業で働いていると、上司が外国人になったり、プロジェクトが英語で進められたりして、英語が話せないと仕事の幅が全然違ってくるんです。英語でコミュニケーションを取れないことがすごくもどかしく、プロジェクトに参加しても言いたいことがうまく伝えられなかったり、相手の言っていることがはっきりと理解できないことも多々ありました。このままでは頭打ちだと思って、今後の可能性を潰さないために、留学しようと思いました。タイミングも良かったですね。親も元気で仕事もそこまで大変な状況ではなく。これは今がチャンスなんだなと。不安はあまりなかったです。今までは、これがやりたいと強く思ったことはなかったんですが、今回は英語を勉強したいと強く思ったんです。 「行って後悔するか、行かないで後悔するか」 会社の上司に相談した時に、こう言われました。今回の場合は、行かなければ絶対に後悔すると思ったので、会社を辞め、長期留学に行くことにしました。

サンディエゴを選んだ理由は、メジャーリーグと気候の良さ!

-なぜ留学先にサンディエゴを選んだのですか? 実は野球が大好きで。メジャーリーグ球団の本拠地がある、サンディエゴ、シアトル、ヒューストンが候補だったのですが、寒い所が苦手なので、一番気候の良いサンディエゴを選びました。サンディエゴで大正解でしたね。ほとんど雨も降らないし、冬でも半ズボンで過ごせる。気候は抜群に良いです。サンディエゴ・パドレスの球場はダウンタウンにあって、通っていたCELからも徒歩で行けるのも最高でした。サンディエゴ滞在中、10試合くらい観に行きましたよ。WBC開催中の予選は6試合中5試合観に行って、日本が来た時にはロサンゼルスまで友達と応援に行きました。 アメリカの球場は、行くだけでワクワクする雰囲気ですね。イベントや球場のお店も良かったです。日本よりもゆったりとリラックスして野球を楽しめる雰囲気がありました。 サンディエゴは住みやすくて、人それぞれに楽しめる街だと思います。サンディエゴの人はめちゃくちゃフレンドリーで、電車の中でも声をかけられたりしますよ。 一年中天気も良くて気持ちが上がりやすいですし、外に出ようという気になりますね!

サンディエゴでメジャーリーグ観戦

モットーは「楽しめばいろんなものがついてくる」

-Yujiさんはサンディエゴでの留学生活をすごく楽しんでいましたよね! せっかくのチャンスなんで、英語の勉強だけじゃなく、自分が楽しめばいろんなものがついてくると思って、思いきり楽しみました。 年齢問わず色んな国の友達もできたし、日本からは気軽に行けない場所にも行けましたね。メキシコには電車で3,4回行ったし、キューバやペルーにも行きました。

メキシコへの国境を歩いて渡りました!

キューバの革命広場にて

日本では買えないスポーツメーカーの商品を探したり、サンディエゴ・パドレスの帽子は6個も買ってしまいました(笑)。サンディエゴの草野球チームにも入ってたんです。自分の好きなことをすごく楽しみました。

サンディエゴの草野球チーム

寮では大きな共用キッチンがあったので、たまに外国人に日本食を作ってあげたり、日本人同士で食材をワリカンして一緒に作ることもありました。外国人には味噌汁と唐揚げが人気でしたよ。 寮にはいろんな国の人がいるので、ほとんど日本語は使わなかったですね。みんなにシェフと呼ばれてたんですけど(笑)、料理をしていると外国人にも興味を持たれて、それでコミュニケーションを取ることができました。 日本に興味がある外国人の多さにびっくりしましたね。特に日本食はヘルシーという印象があるので、料理をしていると色々と聞かれました。ドイツ人、トルコ人、韓国人と料理の交換会をやったりもしました。 留学生活はエンジョイしまくりましたよ! ずっとあの生活でいいなら続けたかったです!

寮でホームパーティー!

TOEIC400点から700点台までレベルアップ

-9か月間ですごく英語力が上がったと聞きましたが? CELの6レベルある中で、留学当初は下から3番目、中級の下のクラスでしたが、最後には一番上の上級レベルまで上がることができました。基本的なことですが、「学校にちゃんと行く。授業に向き合う。」これが大事だと思います。寝坊して授業に来ない人もいましたけど、僕はロサンゼルスにWBC観戦に行った時以外は全部の授業に出席していました。特段変わった勉強はしていないですね。授業にちゃんと出て、宿題をやる。それぐらいです。先生と仲良くしていたことは良かったと思います。色々質問する、やる気のある生徒には、先生も喜んで教えてくれますから。授業時間以外でもライティングのアドバイスをもらったり、追加で課題を出してもらったりしました。わからないことがあったら諦めずに何回も先生に聞きに行ってました。 どの先生もフレンドリーで、おしゃべり好きで、話しながら引き出してくれる感じです。授業で座っているだけではだめでしょうね、自分から積極的に聞きに行くことが大事です。 あとは、仲の良い外国人の友達を作って一緒に出掛けることですね。僕はスイス人、ドイツ人、ブラジル人とよく出かけてました。なぜかみんな日光浴が好きで、ビーチに行っても何もしないで過ごすこともあって、日本人との感覚の違いを感じたりもしました(笑)。 留学生同士お互いに英語ができないから気にする必要なないですし、クラスメイトだと英語のレベルが近い人と仲良くなるので、授業で習った単語を一緒に使ってみたりしていました。授業で習ったことをその日に実践すると、身に付きますね。 -CELの少人数クラスはどうでしたか? 7人くらいの少人数だったのはとても良かったです。他の語学学校は15人くらいいると聞きました。人数が少ないのでしゃべりやすいですし、質問もしやすかったです。自分が質問することで授業を止めても気を使わない人数なので、授業中に話す機会は必然的に増えますね。 でも最初は自信がなくて、なかなか発言できなかったですね。ヨーロッパやブラジルの生徒は若くてもすごく流暢でした。特にヨーロッパの言語は難しい単語ほど英語に似てるので、その点でビハインドは感じました。中級まではクラスに日本人もいましたが、上級になると日本人は自分ひとりだったんです。 クラスのレベルが上がると使う単語も話す内容も難しくなるので大変でしたが、逆に日本人は文法が得意なので、自分の強みを理解して、それを生かすようにすれば、付いていけるようになると思います。

上級クラスの先生とクラスメイト

留学するなら行く前の準備が絶対に大事!

-留学前に英語のお勉強はされていましたか? 留学すると決まってからマンツーマンの英会話に通いました。10年以上英語の勉強はしてなかったですし、やってて本当に良かったと思います。英語の準備ができていればいるほど、行ってからの伸びは大きいと思います。アメリカの空気を吸っていれば英語は伸びると思っている人が多いですが、そんなことないですよ。

アメリカで気づいた日本人の弱点

-アメリカ留学を通してどんなことを感じましたか? 海外の若い人はかしこいですよ。難しい政治の話も、自分の意見を言えるんです。正しいか間違ってるかは関係なく、その場でぱっということができる。 中級の授業では、趣味や家族などの身近な話をしますが、上級になると政治、科学、移民、宗教など、一気に話が難しくなります。それでも他国のクラスメイトは話ができていました。ドイツ人はシリアの移民問題が身近な問題だったりしますし、歴史的なことも色んなことをよく知っています。日本人は日本のことをあまり知らないですね。聞かれても答えられないです。答えられないから引っ込み思案になっちゃって、会話ができなくてスピーキングの力が伸びない、という悪循環です。英語の問題じゃなくて、知識の問題です。

最後は学校内でインターンシップも経験

-CELでインターンシップもされましたね。どんな経験でしたか? 最後の2か月半、Student Service の部署でデータ入力や教材準備をしました。難しい業務ではなかったですが、やることは多かったです。 学校を延長するかどうか考えていた時にちょうどインターンの話があって、ラッキーでした。スタッフとも仲良くなれましたし、授業以外で英語を使えた良い経験です。 (※注:インターンの募集は不定期で、一般的な募集は行っていません。)

一緒に働いていたスタッフと

留学経験は、人生の大きな財産

-今後のプランや抱負をお聞かせください! まずはTOEIC800点以上を目指して、これからも上げられるために、英語の勉強を続けたいと思います。 世界中にいろんな友達ができたので、留学中にできた外国人の友達とのやり取りはずっと続けたいですね。日本に住んでいたら会えない人々ですから。実は来週サンディエゴで仲良くなったタイ人が遊びに来るんです。一番仲良くなったブラジル人や、ドイツ人、スイス人の友達に会いに、それぞれの国にも行きたいですね。留学は、自分にとって絶対良い経験になっています。仕事だけじゃなくいろんなことに活かせると思います。今後は海外旅行をするにしても臆することなくどこにでも行けますしね。留学経験は、人生の大きな財産です。

スポーツバーでアメフトSuper Bowl を観戦!

社会人留学を考える人へのメッセージ

-これから社会人留学をする人へのアドバイスやメッセージをお願いします! 若いうちに留学できている人を見るとうらやましいのですが、みんなすごく節約してるんです。親のお金だから使わないようにしているのは、ちょっと残念だなと思いました。 社会人になってから留学するのは良いと思います。自分のお金で留学する人の方が、これは自分にとって良いことだから、お金を使ってもいいと自分で判断できますよね。そして、社会人の方が、何か結果を出さなきゃという意識が強いので、意識も高いです。 留学することは、絶対に良い経験になります。僕自身、人生観が変わったというほどのことはないですが、行って本当に良かったです。色々なバックグラウンドの人と出会い、どこに行っても人間は人間、みんな楽しくコミュニケーションすることが好きなんだと感じることができました。

インターン仲間のドイツ人生徒と

ロサンゼルスのWBC決勝戦で日本を応援!

日本から友人も遊びに来てくれました!

日本人の友達とTaco Tuesday!

メジャーリーグ観戦最高でした!

社会人留学の費用が気になる方はこちらから
サンディエゴの語学学校CELについて詳しく知りたい方はこちらから
日本語でよくわかる留学マニュアルが欲しい方はこちらから