CEL現在の対応 

PCR検査

CELの現在の入学受入における対応についてご案内いたします。※2021年10月14日(木)現在

◆パシフィックビーチ校、サンディエゴダウンダウン校は対面授業を提供◆

CELでは現在パシフィックビーチ校とサンディエゴダウンタウン校にて対面での授業を提供しております。
引き続き学生の皆様へ下記コロナ対策を徹底し、学校運営を行っております。

①全新入生徒の陰性証明書とCEL Weiverフォームのご提出
②教室内での6フィートのソーシャルディスタンス
③学生ラウンジはクローズ
④トイレ使用時は一人ずつ
⑤校内の最低1日3回の消毒。(授業前、休憩中、放課後)
⑥マスクなどを常に着用
⑦学生への手洗いやサニタイザー使用の要請(校内に設置あり)
⑧コロナの症状、もしくはコロナ陽性者との接触があった場合の即時報告

※サンディエゴではマスク着用はワクチンを接種していれば義務ではありませんが、学内では学生の皆様にマスク着用をお願いしております

CELでは入国後の隔離制限はございませんが、開講を継続しているパシフィックビーチ校、サンディエゴ校では引き続き、学生・スタッフの感染対策を徹底しております。

【コロナ陽性者が出た場合について】

学校にてコロナの陽性者が出てしまった場合、学校はすべての学生、講師、スタッフを守るためにオンラインに切り替えることもあることをご了承ください。

以下学校からのご案内となります。

Schools might switch to online classes at any time for the safety and well-being of students, teachers and staff.
Our priority is to keep students, teachers and staff safe and healthy since we are still facing challenges with the COVID pandemic and its variants worldwide.
We also understand all the challenges of having online classes, and as you know, our teaching methods are face-to-face classes,
however, since we had positive cases we have and will follow the CDC guidelines to keep everyone safe and healthy, as I mentioned before.
We can’t guarantee when we will be able to return to face-to-face classes, what I can guarantee is that we will do it as soon as we make sure that everyone is negative and healthy to come back.

◆ロサンゼルス校11月1日より対面授業再開予定◆

ロサンゼルス校では2021年11月1日(月)より対面授業の再開を予定しております!

渡航前

◆ワクチン接種とワクチンパスポートの取得◆

アメリカでも11月の入国よりワクチン接種が義務化されました。CELでも政府の方針に沿って新規学生の皆様にはワクチン接種後、ワクチンパスポートの発行をいただき、入学前に学校へご提出をいただくこととなります。

アメリカではワクチンの接種証明の提出がないと屋内の入場やチケットの購入などに制限が入ることも出てきております。

英文のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)発行後は証明書の写真を携帯保存しておき、すぐに提示できるようご準備いただくことをおすすめいたします。

PCR検査陰性証明書の提出について

2021年1月26日以降のアメリカ入国においては、海外から航空便で来られる全ての乗客に対して、搭乗72時間以内に新型コロナウイルスの検査を受けていただき、陰性証明書をチェックインの際に提示いただくことが義務付けられました。

これからご渡航される学生様におかれましては、航空便搭乗前にご取得いただく陰性証明書(英文)をCELにもご提出くださいますようお願いいたします。

提出先メールアドレス: [email protected]

学校手配の滞在先へ入居される場合は滞在開始前に、ご自身で滞在先を手配される場合は登校初日以前に学校へ提出くださいますようお願いいたします。

CELwaiverフォームのサインについて

全ての入学者にはコロナに関するwaiverフォームへのサインをお願いしております。オンラインでサインできますので提出の必要はございません。入学2週間前になりましたらご対応をお願いいたします。

CEL waiverフォーム⇒Covid-19 waiver

入学初日、プレイスメントテストについて

現在、オンキャンパスで行う場合と事前にオンラインで行う場合と2通りがございます。

●オンキャンパスでのプレイスメントテスト●

従来通り、初日に学校へ登校いただき、プレイスメントテスト、オリエンテーションを実施します。詳細はご入学の1週間前にご案内します。

●事前オンラインでのプレイスメントテスト●

入学週によってはプレイスメントテストを入学前にオンラインにて行わせていただく可能性がございますこと予めご了承くださいませ。

オンラインテストとなった場合は入学日の前週に詳細のご案内及び実施されます。テスト内容はライティング、スピーキングの2つとなります。スピーキングテスト(10〜15分程)はZOOMアプリで行われますので、生徒様には事前にアプリのダウンロードをお願いしております。こちらで指定した日時(大体、日本時間の木〜金の午前中頃)でご対応いただきたいのですが、ご都合がつかない場合には調整いたします。ライティングテストについては、お時間のある際に個別で行っていただき、現地時間の金曜日(日本時間の土曜日)までにご提出をお願いしていただくような流れとなっております。

◆滞在先について

通常、2週間前を目安にご案内をしております。ハイシーズンはご出発ギリギリのご案内となる場合がございますこと予めご了承お願い申し上げます。※ご案内後でも急な事情により変更となる場合がございます。

到着便情報の共有について

滞在先、空港送迎のお申込みの有無に関わらず、航空券取得ができ次第、当校へ共有くださいますようお願いしております。

渡航後

入国後の自主隔離ついて

CELでは5月24日以降は入国後の10日間の隔離期間を経ていなくても受講が可能となっています

また、必ず渡航前にはCDC(米疾病予防センター)のガイドラインも確認いただくようお願いします。

サンディエゴでの新型コロナウイルスワクチン接種について

現地でのワクチン接種に関してお問い合わせをいただくことも増えてきておりますが、渡航後のワクチン接種に関してはCEL日本事務局ではサポートをしておりませんので、入学後、直接学校スタッフへご相談ください。

サンディエゴでのPCR検査について

【無料の検査場について】

サンディエゴカウンティーでは無料でPCR検査を実施している会場を探すことができます。

Free COVID-19 Testing Sites in San Diego County

無料の検査場でのテストについては下記のPDFをご参考にしてください。

📃サンディエゴPCR検査の受け方※ダウンロード可能

【有料の検査場について −パシフィックビーチエリア】

有料の検査場は多く存在しておりますが、以下がパシフィックビーチエリアで検査可能な場所となります。

【有料の検査場について −その他】

  • Nsite サンディエゴ空港近くにあるシェラトンホテルにて。検査結果24時間。
  • UCSD Drive Up 検査結果48時間。
  • Nion Clinic/日本クリニック 日系エリア(Convoy)にある日本語スタッフがいるクリニック。


※移動はご自身でおこなっていただきます。例)Uber、Lyft、バス、トロリーなど

帰国前のPCR検査について

現在は日本に帰国する際の飛行機搭乗時に搭乗時間から72時間前のPCR検査結果の提出が必要となります。

サンディエゴでの日本帰国前のPCR検査の受け方について参考資料を作成しました。

📃サンディエゴでの帰国前PCR検査受け方※ダウンロード可能

現地でPCR検査を受けられる場合は、下記情報を参考にしてください。

参考サイト

●厚生労働省

 〜水際対策に係る新たな措置について〜

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

●在アメリカ合衆国日本国大使館

 〜新型コロナウィルス関連情報〜

https://www.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19.html

注意事項

●帰国前のPCR検査については、自己責任のもと、ご自身で予約・検査をお願いします。

●当該記載の事項について、予告なく変更される場合がありますので、PCR検査前には最新情報の確認を頂けるようお願いいたします。

●万が一、PCR検査で陽性となった場合、帰国ができません。延泊の滞在先手配などご自身でご予約頂くことになります。陽性になった場合のことも想定し、宿泊先(ホテル)情報などを事前に確認をされることをお勧めいたします。

●日本入国に基づくPCR検査について、PCR検査を出国前に受けられなかった場合、検査証明を提出できず帰国便の搭乗ができなかった場合には、当校には責任がありません。また出国できず延泊となった場合の延泊費用、航空券費用などについても当校は責任を負いません。